廃車 手続き

廃車の手続き

自動車の廃車とは、使用しなくなった自動車を、国土交通省の自動車登録ファイルから削除することで、この自動車登録ファイルに登録していない自動車は、道路の走行に供することができません。

 

廃車には、「一時抹消」「永久抹消」「輸出抹消」の3種類がありますが、

一時抹消

「一時抹消」とは、字のごとく一時的に抹消するわけですが、再度登録が可能で、それまでの情報は残っているので、比較的簡単に再登録が可能です。
通常、自動車を下取りに出して中古車市場に出た車が、次のユーザー渡る際に登録する時の再登録となります。

永久抹消

「永久抹消」は、そのまま「永久に抹消する」という意味で再登録は不能です。
現在はリサイクル法の施工に基づき、「永久抹消」を行うには引き取り業者より破砕業者へ引き渡され、破砕業者より解体報告記録が発行されなければ、この「永久抹消」はできなくなっています。
以前はこのシステムがなかった為、「永久抹消」を行っても解体にかかる費用の問題で、あちこちに放置される事が非常に多かったです。

輸出抹消

「輸出抹消」は、登録されていた自動車を輸出する際の届けですが、輸出の予定日などを届け出たりと、手続きが結構面倒なところがあります。

 

 

廃車の手続き方法

これからは手続き方法の簡単な説明になります。

一時抹消

「一時抹消」は簡単で、一般の方でも十分に手続きが可能です。
必要なものとしては、一時抹消申請書、印鑑証明書、実印、手数料納付書、自動車車検証、ナンバープレートです。
ただし、自動車の所有者が使用者と別の場合は、所有者の委任状、印鑑証明書、譲渡証明書が必要です。
これらをもって、陸運支局の登録窓口へ持っていくのですが、重量税の還付がある場合、振込先等の情報も必要です。

 

永久抹消

「永久抹消」は、「一時抹消」で説明した書類の他、自動車リサイクル券、
解体業者より通知された、「解体に係る移動報告番号」「解体報告記録日」がベット必要になります。
解体は通常、引き取り業者を通して解体業者に持ち込む為、一般の方にはちょっと厳しいと思います。

 

輸出抹消

「輸出抹消」は一旦、輸出抹消仮登録証明書を発行しなければなりません。
この仮登録証明書は、自動車検査証、ナンバープレート、自動車税申告書、申請書、委任状、印鑑証明、手数料納付書等を提出します。
その後、発行された輸出抹消仮登録証明書を税関に提出し、通関することになります。
さらに、国土交通省が税関に対して当該車両の輸出の事実を確認、確認が取れた後に正式に「輸出抹消」となります。
結論から言って、結構面倒なことばかりなので、専門業者に任せるのが一番だと思います

>>↓↓おすすめ廃車買取業者↓↓<<

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、

お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、

365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト